業務紹介

土壌生物

土壌生物とは?

土壌に生息する生物の総称で、体長0.01mm程の原生動物や、ダニ、トビムシ、ワラジムシ、ミミズ、ムカデなどが含まれます。これらの多くは土壌中の有機物の分解者として大きな役割を担っています。

  • クマムシ

    クマムシ

  • センチュウ

    センチュウ

ハンドソーティング

採取した土壌を目合の異なる複数のふるいにかけ、土壌生物を選り分ける方法です。ヤスデ類やワラジムシ類など、比較的大型の種が対象となります。

ページの上部へ戻る▲