業務紹介

希少猛禽類

希少猛禽類とは?

猛禽類とは、獲物を捕らえるためにその体を進化させた鳥の仲間をいいます。よく見える目と鋭いくちばし、強くて丈夫な脚を持ち、主に昼間に行動するタカの仲間と、主に夜に行動するフクロウの仲間に分けられます。自然環境調査では、タカの仲間(イヌワシ、クマタカなど)を希少猛禽類として調査対象にしています。
猛禽類は食物連鎖の頂点に位置するため、生息にはさまざまな生物を有する健全な生態系が必要です。そのため、猛禽類を保護することは、その地域の生物多様性や自然環境の豊かさを守ることでもあります。

猛禽の保護と調査

猛禽類の保護対策は大きく「個体の保護」「生息環境の保全」「保護増殖事業」の3つに分けられ、猛禽類の保護を目的とした法制度もあります。いずれの対策も、前提として猛禽類の生息状況を把握する必要があります。

行動圏調査

行動圏調査では、調査地域を眺望できる見通しの良い場所を調査地点として、複数の地点に調査員を配置し、出現する猛禽類を追跡します。行動圏が広い猛禽類は発見が困難な場合があり、また観察内容を記録する際には求愛・探餌・警戒といった行動内容の理解が不可欠です。このため、調査にはある程度の経験が必要となります。

可視領域図の作成

GISを用い可視領域を作成します。可視領域図は調査地点の視野の確認や、調査地点を選定する際の効率化にも役立ちます。また、可視、不可視領域を示す事により、飛翔位置記録の精度が向上します。

  • 斜面の可視領域

    斜面の可視領域

  • 斜面および上空の可視領域

    斜面および上空の可視領域

撮影機材・調査状況
  • 撮影機材1

    一眼レフカメラ

  • 撮影機材2

    ビデオスコープ

  • 撮影状況

    調査の様子

個体識別
  • 猛禽類は、複数のつがいの生活圏が重複している場合があります。羽の欠損の様子や色、模様などの特徴から個体を識別し、どの個体がいつ、どのような行動をしているのかを把握することによって、意味のあるデータを積み重ねていくことができます。超望遠レンズを装着した一眼レフカメラやコリメート法(望遠鏡にカメラを当てて撮影する方法)で個体を撮影することにより、詳細な個体識別を可能にし、調査精度を確保します。

  • 欠損から個体を識別

    欠損から個体を識別

猛禽類飛翔図
  • 確認された猛禽類の飛翔コースや、採餌、繁殖行動などを行った位置を、記号を用いて地図上に示します。蓄積されたデータから猛禽の巣の位置や繁殖の状況を推測することができます。GISに対応した飛翔図の作成も可能です。

  • 猛禽類飛翔図

    猛禽類飛翔図

行動圏解析

猛禽類は個体やつがいごとに行動圏(なわばり)を持っています。そして、各個体やつがいの生息状況を把握するには、なわばりがどのように利用されているかを把握する必要があります。猛禽類は、繁殖期・非繁殖期で行動圏が変化し、また狩りや休息などの行動内容によって、利用場所やその利用頻度が異なります。特に、営巣地や狩場の位置は重要な情報となります。

メッシュ解析
  • メッシュ解析では猛禽類の行動圏をわりだし、営巣中心域や高利用域を把握します。

  • 行動圏

    行動圏

繁殖状況調査・人工巣設置調査

  • 猛禽類の営巣地を確認した際には、無人撮影などによって繁殖状況の把握に努めます。また、何らかの理由で営巣地が消失する場合には、代替措置として人工巣を設置する場合もあります。

  • 人工巣設置のための木登り状況

    人工巣設置のための木登り状況

ページの上部へ戻る▲