業務紹介

植物

植物相調査

調査地域周辺を踏査し、生育している植物種を記録することにより、植物の種構成(フロラ)を明らかにする方法です。主にシダ植物以上の維管束植物を対象とします。
この調査では、調査対象地域における、植物相を特徴づける主要な植物種の有無を目視観察で記録し、植物種リストを作成します。地形や植生等、植物の様々な生育環境を想定して調査ルートを設定するため、希少種などの注目すべき植物を発見できるという効果もあります。

  • マキノスミレ

    マキノスミレ

  • フクジュソウ

    フクジュソウ

  • オオイヌノフグリ

    オオイヌノフグリ

  • オオタカネバラ

    オオタカネバラ

  • 植物相調査

    植物相調査

植物群落調査

植物はある区域内で単独で生育していることは少なく、ふつう何種類かの植物が集まって「植物群落」を形成しています。群落はその植物種の組み合わせを基本とし、その群落を特徴づける種(診断種)によって、ほかの群落から独立したものとして識別することが可能です。それらの群落は階層性のある分類系として類型化、体系化することができます。

植物群落調査では、主に植物社会学的な方法(Braun-Blanquet法)に従って調査を行います。調査地域周辺に見られる植物群落を対象とし、群落構造(高木層・亜高木層・低木層・草本層)、種構成、被度や群度などの情報を把握します。被度とは調査区のなかでその種が地表面をおおっている割合(葉の広がりの占めている量)をいい、群度とはかたまって群れて生育しているのか、単独にまばらに生育しているのかの割合の状態を指します。

  • 植生調査

    植生調査

  • ススキ

    ススキ群落

植生図
  • 調査結果をもとに、地図上に植物群落の分布を色わけして表示した植生図を作成します。

  • 植生図

    植生図

  • GoogleEarthへの重ね合わせ

    GoogleEarthへの重ね合わせ

植生断面図
  • 群落内の植物の階層構造を模式的に示した断面図を作成します。

  • 植生断面図:低木・草本層

    植生断面図:低木・草本層

  • 植生断面図:高木層

    植生断面図:高木層

ページの上部へ戻る▲