業務紹介

付着藻類

付着藻類とは?

川底の石や水草の表面にくっついている藻類(珪藻、藍藻、緑藻など)を総称して付着藻類と呼びます。付着藻類がついた石はぬるぬるしていることから、石垢とも呼ばれています。底生動物とおなじく、水域での指標生物として、出現した種から水質の汚れ具合を判定することができます。

定量採集法

河床から採集した礫の上面のなるべく平らな部分に5cm×5cmのコドラートを設定し、コドラート内の付着藻類をブラシではぎ取ります。通常、5個以上の礫からの採集を行います。採集量を一定にすることで、環境や季節ごとの定量的な比較が可能となります。

  • 付着藻類採集道具

    付着藻類採集道具

  • 定量採集状況

    定量採集状況

任意観察法

調査範囲内の水域を踏査し、比較的大型の付着藻類の目視確認を行います。

  • 箱メガネによる観察

    箱メガネによる観察

  • カワモズク属

    カワモズク属

ページの上部へ戻る▲