業務紹介

底生動物

底生動物とは?

川や池の底に住む小さな水生生物のことを底生動物と呼び、カゲロウやカワゲラ、トビケラ、ユスリカといった水生昆虫の幼虫や、ミミズ、プラナリア、エビ、カニ、貝類などがこれに含まれます。数ミリから数センチと小さな底生動物は環境の変化の影響を受けやすく、水の温度や流れの速さ、水底の泥の汚れ具合などによって生息する種類が変わります。そのため、その水域の環境を評価するための「指標生物」としても注目されています。

定量採集法

膝程度までの水深の瀬で、コドラート付きサーバーネット(目合0.5mm程度)を用いて、一定面積内の底生動物を採集します。また、水深の深い湖などでは、エクマンバージ型採泥器を用いる場合もあります。採集面積を一定にすることで、環境や季節ごとの定量的な比較が可能となります。コドラートには25cm×25cmや50cm×50cmの規格があり、調査環境や調査目的に適したものを選びます。

  • コドラート付きサーバーネット

    コドラート付きサーバーネット

  • 定量採集状況

    定量採集状況

定性採集法

調査範囲内の様々な環境において、Dフレームネット等を用いた採集を行います。採集量を制限せず、植物帯や飛沫帯といった異なる環境で採集を行うことで、調査範囲内の底生動物相を把握します。

  • 定性採集状況

    定性採集状況

  • トワダカワゲラ

    トワダカワゲラ

ページの上部へ戻る▲