テクニカルノート

ヘビをコンパクトに撮影する

文:水域調査室 旗 薫 2012年9月6日

細長いヘビをコンパクトに撮影する方法

ヘビは細長いため、そのまま撮影すると写真の大きさに対し被写体が小さく、詳細がわかりにくくなってしまいます。個体全体の写真を撮るときには、ゆるくとぐろを巻かせた状態にすると収まりがよくなります。

※注意※
マムシ、ヤマカガシといった毒ヘビは、危険ですので撮影対象としないで下さい。
その他のヘビに関しても、捕獲の際には十分に注意して下さい。また、以下の方法でおとなしくならない個体もいます。捕獲、撮影は自己責任でお願い致します。

用意するもの
  • ・バット
    ・スケール
    ・バットの蓋(バインダー)など

  • 01.jpg
方法
  • 02.jpg

    1.ヘビを捕まえます

  • 03.jpg

    2. バットにスケールを入れ

  • 04.jpg

    3.蓋を被せます

  • 05.jpg

    4.蓋の隙間から

  • 06.jpg

    5.ヘビを滑り込ませます

  • 07.jpg

    6.入りました

  • 08.jpg

    7.ヘビが中に入ったら蓋の隙間を閉じてしばらく待ちます

  • 09.jpg

    8.カメラを構えてそっと蓋を開けると、ヘビは丸くなっています

  • 10.jpg

    9.撮影完了

ヘビは暗い穴のなかで休みます。暗く静かなところに入れて落ち着かせてやることで自然ととぐろを巻き、きれいに撮影できます(あまりに興奮している場合にはとぐろを巻かないこともあります)。

←両爬哺ノート一覧へ戻る 記事一覧へ戻る△ ページの上部へ戻る▲