テクニカルノート

Nikon COOLPIX P6000 デジスコアダプター製作

文:動物調査室 後藤 識志 2008年10月17日

作製のきっかけ

Nikon COOLPIX P6000用のデジスコアダプターの作製方法について解説します。P6000が猛禽類の飛翔写真撮影に向いていそうな機種であること、ニコンビジョンやデジスコドットコムではアダプター(ブラケット類)を商品化する動きがないこと、といった状況から、自作を試みてみました。
(憶測ですが、4倍ズーム機で広角側にした時にケラレが出やすいことや、クリアランスが短く、望遠側にした時に鏡筒が接眼に接触する不具合がある事などから、商品化しにくいのではないでしょうか…?)

コンセプト

猛禽類の飛翔写真撮影の要件を満たすように作ること。
安定した光軸を出せるようにする。

方策

P6000ボディ(鏡筒周り)に切ってあるオスネジを利用する。
最終的にDS接眼用のアダプターに接続する。
最適なクリアランスとなるように、P6000の鏡筒先端からDS接眼までの距離を確保する。そのために市販品を組み合わせてアダプターチューブを作る。
アダプターに用いる市販品を改造して完成度を高める。

器材(P6000ボディ側から)

UR-E21
  • ニコン純正マクロレンズ用アダプター(全長:35mm)
    ボディ側メスネジ径:46mm/ピッチ:0.75
    接眼側メスネジ径:43mm/ピッチ:0.75

  • UR-E21

    UR-E21

RA5843
  • レイノックス製43mm→58mmステップアップリング
    ネジ部を除く厚さ:約1mm
    ボディ側オスネジ径:43mm/ピッチ:0.75
    接眼側メスネジ径:58mm/ピッチ:0.75

  • TA4+3(左)とRA5843(右)

    TA4+3(左)とRA5843(右)

TA4+3(本当はTA4の方がいい)
  • デジスコドットコム製DS接眼レンズアダプター
    ボディ側オスネジ径:58mm/ピッチ:0.75

基本設計

P6000ボディのオスネジ(46mm/0.75)にUR-E21のメスネジ(46mm/0.75)を噛ませ、UR-E21のもう一方のメスネジ(43mm/0.75)にRA5843のオスネジ(43mm/0.75)を噛ませる。RA5843のメスネジ(58mm/0.75)にTA4+3のオスネジ(58mm/0.75)を噛ませ、TA4+3によりDS接眼に接続。

問題点

P6000鏡筒とDS接眼レンズとの距離が離れすぎ(クリアランスが長すぎ)、中望遠以上のズームにしないとケラレが消えない。
基本設計では、アダプターチューブの長さは約36mm(UR-E21が35mm、RA5843が約1mm)、クリアランスの長さはズームがワイド端の時に約6mm、テレ端で約4mm。

解決策

UR-E21の両端をヤスリにより研磨し、約4mm詰めることでアダプターチューブの長さは約32mmとなり、クリアランスはワイド端の時に約2mm、テレ端で約0mmとなる。使用目的は猛禽類の飛翔写真の撮影。テレ端で鏡筒と接眼が接触しても構わないので、ワイド端が最適なクリアランス(約2mm)となるようヤスリによる研磨を実行する。

UR-E21の改造

  • UR-E21の両端をヤスリで研磨
  • UR-E21研磨前
  • UR-E21研磨後

↑UR-E21の両端をヤスリで研磨して約4mm詰める。中央が研磨前、両サイドが研磨後。両端以外も削ったが、特に意味はない。

  • ワイド端先端から約5mm内側
  • ワイド端時0.5~1mm内側
  • テレ端時1~1.5mm突出

↑UR-E21をP6000に噛ませた時の鏡筒の出具合。左が詰める前の状態。中央と右が詰めた後。

アダプターの完成

  • アダプターを組み上げたところ 上から「UR-E21」(改)+ 「RA5843」+「TA4+3」

    アダプターを組み上げたところ
    上から「UR-E21」(改)+ 「RA5843」+「TA4+3」

  • P6000に接続したところ

    P6000に接続したところ

システムの概観

システムの概観

ズーム域とケラレの状態(40/50×ワイドDSに接続した時)

ワイド端では少々ケラレるが、焦点距離35mm付近での使用を考えているので問題なし。テレ端では鏡筒と接眼が接触してしまうが、そんなにズームしないので大丈夫。

  • ワイド端 (焦点距離:28mm)&nbsp4隅が少々ケラレる

    ワイド端
    (焦点距離:28mm)
    4隅が少々ケラレる。

  • ワイド端から1ステップ目 (焦点距離:31mmぐらい?) ケラレなし

    ワイド端から1ステップ目
    (焦点距離:31mmぐらい?)
    ケラレなし。

  • テレ端から1ステップワイド側 (焦点距離:105mmぐらい?) ケラレなし

    テレ端から1ステップワイド側
    (焦点距離:105mmぐらい?)
    ケラレなし

←調査法・機材一覧へ戻る 記事一覧へ戻る△ ページの上部へ戻る▲