連絡

協力:植物界の「災害遺産」ミズアオイを知る連続ワークショップ

2019年8月13日

ミズアオイワークショップ開催のお知らせ

2019年9月8日および10月20日に行われる、日本ビオトープ協会 (北海道・東北地区)主催のミズアオイワークショップにエコリスも協力しています。この連続ワークショップでは、震災後、沿岸地域に突如として現れ話題となった絶滅危惧種、ミズアオイをより深く知るための企画を実施します。第一回では保護地域を見学し、栽培したものを調理して食べてみます。第二回では津波堆積物の地層を観察し、埋土種子の探索を行います。どちらか一回だけの参加でも結構です。現在、先着で20名様までお申込みを受け付けておりますので、みなさまぜひご参加ください。

●PDF:ミズアオイワークショップちらし
mizuaoi.png

◇第1回 EAT ミズアオイを食べる

■日程:2019年9月8日[日]9:30~15:00

  • 9:30  地下鉄荒井駅集合 ※マイカーの方は9:45までにせんだい農業園芸センター集合
  • 10:00  保護地域を見学……せんだい農業園芸センター、海岸公園冒険広場、遠藤環境農園
  • 12:10  昼食作り・試食
  • 14:00  遺伝子検査結果発表
  • 15:00  センターで解散 ※荒井駅までお送りします
◇第2回 DIG 津波堆積物とタネ探し

■日程:2019年10月20日[日]9:30~15:00

  • 9:30  地下鉄荒井駅集合 ※近くの現場まで徒歩で移動(6分)
  • 9:40  松本秀明教授(東北学院大)指導による地層の観察
  • 12:10  せんだい農業園芸センターへ市バスで移動、昼食
        ※昼食は持参、またはせんだい農業園芸センターの食堂をご利用ください
  • 13:00  採取土壌の種子分析、解説
  • 15:00  センターで解散
-----お申込み方法-----
  • メールでお申し込みください
  • ■宛先:mizuaoi0908@gmail.com(平塚)
  • ・お名前(ふりがな)
  • ・参加人数 大人○名、子ども○名
  • ・参加希望の回 第1回・第2回
  • ■定員:各回先着20名
  • ■参加費:一人100円
  • ※どちらか一回だけの参加でも結構です
  • ※野外で動きやすい服装、靴でご参加下さい
  • ※このワークショップは杜の都の市民環境教育・学習推進会議(FEEL Sendai)からの委託事業です。
  • 主催:特定非営利活動法人 日本ビオトープ協会(北海道・東北地区)
  • 後援:自然環境復元学会
  • 協力:せんだい農業園芸センター / 遠藤環境農園 / NPO法人 冒険あそび場-せんだい・みやぎネットワーク / 菅原大助(ふじのくに地球環境史ミュージアム) / 松本秀明(東北学院大学)/ 呉地正行(NGO ラムサール・ネットワーク日本)/ (株)エコリス
ページの上部へ戻る▲