業務紹介

地理情報解析

最新の情報機器を利用して、データの取得から入力、解析、出力までを迅速かつ正確に行います。また、調査データ整理のためのシステムを独自開発することにより、リストアップや帳票の作成を効率的に行っております。

GPS、GISによる位置データ取得、入力

現地調査では、GPSを利用して動植物の確認位置を正確に取得します。取得した位置データはGISに取り込み、すぐに図面化することが可能です。既存の紙ベースのデータも高精度にトレースすることによって位置情報を付加させたGISデータに変換します。

  • GARMIN社製 GPSによるデータ取得

    GARMIN社製 GPSによるデータ取得

  • ArcGIS9.1によるGPSデータの表示

    ArcGIS9.1によるGPSデータの表示

GISによる生態系、生息・生育環境解析

HEP(Habitat Evaluation Process:ハビタット評価手続き)などの手法を用いて、調査地域の生態系を野生生物の生息・生育環境という視点から定量的に評価します。その他、猛禽類の行動圏解析や、ジオリファレンスされた空中写真による植生判読なども行います。

  • ポテンシャルマップと標高データの重ね合わせによる3D表示

    ポテンシャルマップと標高データの重ね合わせ

  • 空中写真より植生を判読しGIS化

    空中写真より植生を判読しGIS化

調査データ整理のための各種システムの開発

現地調査で撮影した写真をEXCELで整理して、WORDの帳票に出力するシステムを開発・販売しています(『デジタル写真票』)。その他、地域の植物をもとに作成したデジタル植物図鑑や、現地調査で確認された種から重要種一覧を瞬時に作成するシステムなどを独自開発しています。調査に係る日常の業務を効率化するための支援システムを作成します。

  • EXCELによる写真整理

    EXCELによる写真整理

  • WORDの写真帳票をデータから自動作成

    WORDの写真帳票をデータから自動作成

ソフトウェアについての詳細は以下のページをご覧ください。
デジタル写真票

ページの上部へ戻る▲