業務紹介

自然環境調査

調査方法のご紹介

動植物を主要な対象とする自然環境調査では、現地調査によってそれらの生息状況を把握し、その分析・評価を行っています。調査で有益なデータを得るためには、対象となる動植物の生態や特性に合わせた調査手法の選択が重要です。本項では哺乳類、希少猛禽類、鳥類、両生類・爬虫類、植物など、各項目の調査手法について紹介します。

哺乳類、両生類・爬虫類、希少猛禽類、鳥類、昆虫類、魚類、底生動物、付着藻類、植物、土壌生物

ページの上部へ戻る▲