テクニカルノート

ユビソヤナギとオノエヤナギの葉による区別

文:仙植連 下山 祐樹 2008年3月21日
しもちゃんのワクワク植物ランド

ユビソヤナギについて

発見は1972年。名前の由来は最初に発見された群馬県の湯檜曽川による。
分布は、かつては群馬県の湯檜曽川沿いと宮城県の鳴瀬川、江合川沿いのみの隔離分布とされていたが、その後岩手県の和賀川上流部や秋田県でも分布が確認され、最近では福島県只見川水系(2003年)、山形県東大鳥川・荒川上流部(2006年)と相次いで新産地が発見されている。なぜこのように新産地の記録が相次いでいるのかというと、本種はオノエヤナギと外見が似ており、また同所的に分布しているため、見落とされていたというのが真実だろう。「花が大きいオノエヤナギがあるなぁと思っていたら、それがユビソヤナギだったんだよ」という、恩師が宮城県でユビソヤナギを発見した時の話を思い出した。

記:エコリス 吉田

目次

1.全体

ユビソヤナギSalix hukaoana KimuraとオノエヤナギSalix udensis Trautv. et C.A.Mey.は、全長・幅・形・色・葉柄の長さがいずれもほぼ同様である。一見しただけでは区別しにくい。

※画像クリックで拡大します。

  • 図1 ユビソヤナギの葉(表面) 標本:2004年8月13日群馬県湯檜曽川

    図1 ユビソヤナギの葉(表面)
    標本:2004年8月13日群馬県湯檜曽川

  • 図2 ユビソヤナギの葉(裏面) 標本:2004年8月13日群馬県湯檜曽川

    図2 ユビソヤナギの葉(裏面)
    標本:2004年8月13日群馬県湯檜曽川

  • 図3 オノエヤナギの葉(表面) 標本:2004年8月31日岩手県胆沢川

    図3 オノエヤナギの葉(表面)
    標本:2004年8月31日岩手県胆沢川

  • 図4 オノエヤナギの葉(裏面) 標本:2004年8月31日岩手県胆沢川

    図4 オノエヤナギの葉(裏面)標本:2004年8月31日岩手県胆沢川

ページの上部へ戻る▲

2.鋸歯

ユビソヤナギは波状鋸歯であるが、先がわずかに尖る。オノエヤナギは完全な波状鋸歯で、先が尖ることは無い。

※画像クリックで拡大します。

  • 図5 ユビソヤナギの葉の鋸歯(表面)標本:2004年8月13日群馬県湯檜曽川

    図5 ユビソヤナギの葉の鋸歯(表面)
    標本:2004年8月13日群馬県湯檜曽川

  • 図6 ユビソヤナギの葉の鋸歯(裏面) 標本:2004年8月13日群馬県湯檜曽川

    図6 ユビソヤナギの葉の鋸歯(裏面)
    標本:2004年8月13日群馬県湯檜曽川

  • 図7 オノエヤナギの葉の鋸歯(表面) 標本:2004年8月31日岩手県胆沢川

    図7 オノエヤナギの葉の鋸歯(表面)
    標本:2004年8月31日岩手県胆沢川

  • 図8 オノエヤナギの葉の鋸歯(裏面) 標本:2004年8月31日岩手県胆沢川

    図8 オノエヤナギの葉の鋸歯(裏面)
    標本:2004年8月31日岩手県胆沢川

ページの上部へ戻る▲

3.成葉の葉裏の毛

ユビソヤナギの葉の裏には縮れた毛があり、オノエヤナギには上向きの伏した絹毛がある(いずれの種も毛の量には個体差があり、ほぼ無毛となることも多い)。

※画像クリックで拡大します。

  • 図9 ユビソヤナギの葉裏面の毛(スケールの1目盛りは1㎜) 標本:2004年8月13日群馬県湯檜曽川

    図9 ユビソヤナギの葉裏面の毛
    (スケールの1目盛りは1㎜)
    標本:2004年8月13日群馬県湯檜曽川

  • 図10 オノエヤナギの葉裏面の毛(スケールの1目盛りは1㎜) 標本:2004年8月31日岩手県胆沢川

    図10 オノエヤナギの葉裏面の毛
    (スケールの1目盛りは1㎜)
    標本:2004年8月31日岩手県胆沢川

ページの上部へ戻る▲

4.若い葉の裏面の毛

ユビソヤナギの若い葉の裏面には縮れた毛が密生し、バッコヤナギのようになる。オノエヤナギは絹毛が多く、エゾノキヌヤナギのように密生していることもある。

※画像クリックで拡大します。

  • 図11 ユビソヤナギの若い葉 標本:2005年6月5日宮城県鳴瀬川

    図11 ユビソヤナギの若い葉
    標本:2005年6月5日宮城県鳴瀬川

  • 図12 オノエヤナギの若い葉 標本:2005年6月5日宮城県鳴瀬川

    図12 オノエヤナギの若い葉
    標本:2005年6月5日宮城県鳴瀬川

  • 図13 ユビソヤナギの若い葉の裏面の毛(スケールの1目盛りは1㎜) 標本:2005年6月5日宮城県鳴瀬川

    図13 ユビソヤナギの若い葉の裏面の毛
    (スケールの1目盛りは1㎜)
    標本:2005年6月5日宮城県鳴瀬川

  • 図14 オノエヤナギの若い葉の裏面の毛(スケールの1目盛りは1㎜) 標本:2005年6月5日宮城県鳴瀬川

    図14 オノエヤナギの若い葉の裏面の毛
    (スケールの1目盛りは1㎜)
    標本:2005年6月5日宮城県鳴瀬川

←植物ノート一覧へ戻る 記事一覧へ戻る△ ページの上部へ戻る▲